Twitterファイル 第七章 〜 F◯I と ハンター の ラップトップ [第二部]

Twitterファイル

こんにちは!Thinks’チャンネルのThinkerです╰(*´︶`*)╯♡ さて、前回はツイッター社の秘密のグループの一人であるロス氏が、連邦政府に宣誓書で自身、そして社員は2020年10月14日配信の狩人Bランプトップ事件に関して、B大統領やその関係者から事前に連絡などはとっていないということを誓っていたという内容まで進みましたね。さて、今回はその第二部のお話になります。ツイッター社とDS、連邦政府との関わりは、一線、二線と何本の線を越えてしまったのでしょうか。

前回までのエピソード

過去のツイッターシリーズの投稿は下記になりますので、流れが把握できていない方は、是非下記のリンクからご確認いただけます!

第一章ラップトップ編

第二章ブラックリスト編

第三章:DT大統領削除パート1前編後編

第四章: DT大統領削除1月7日

第五章:DT大統領削除 前編後編

第六章:F◯Iの手下 第一部第二部第三部

第7章:F◯I と狩人Bのラップトップ [第一部]

隠語:
F◯I=○はB
狩人B=ハンター・バ○デン
B大統領=第46代大統領
DT大統領=第45代大統領
D〇〇C(◯はCC)
C〇〇A(○はIS)
F◯TF(◯はI)
C◯-1部隊(◯はY)
A◯T28(◯はP)

さて、前編ではマイケルさんのつぶやき12番目までお送りいたしましたので、早速13番目からスタートです!

SNS業界と連邦政府

顔の本のM・ザッカーバーグ氏の証言

ツイッターと同じく、世界でその名を知られているソーシャルメディア企業ら、旧顔の本社のメタ社。CEOは連邦政府がどのように介入してきたのかを証言しています。

13. 彼らは顔の本社にも同じだったとCEOのザッカーバーグ氏は言います。「F◯Iは基本的に、私たちのところに来ては、”ちょっと君たち、警戒を高めるべき。我々は、2016年の選挙でたくさんの露の国のプ◯パガンダがあると思ったんだ。そういったことが起こりそうだ”と」ザッカーバーグ氏のビデオリンク(英語)

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604880181906116608?s=20

連邦機関 エージェントの証言

露の国や外国からのハッキングがあるかもしれないから、連邦政府がSNS業界に介入して、防衛や危機管理、そして、世に出る情報の検閲などをしたという言い訳だったF◯I。しかしながら、海外からのハックアンドダンプ作戦の気配はなかった認めるチャン氏。

14. 狩人Bに関連する露の国のハッキング・アンド・リーク作戦に関するF◯Iの警告は、*何か*新しい情報に基づいていましたでしょうか?

いいえ、新しい情報などありません。

「私たちの調査では、2016年に起こったのと同様のハッキングは見られませんでした」と、F◯I捜査官のエルビス・チャン氏は、11月 20 日に認めました。画像リンク1, 2, 3, 4

マイケル・シェレンバーガー2022年12月19日

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604881305178497024?s=20

少し長いですが、F◯Iエージェントのエルヴィス・チャン氏による、証言をご一読ください。

つぶやき14番目画像リンクの内容
画像リンク1:
2022年11月29日 エルヴィス・チャン P172

2020年の選挙に向けてそうですか?
A. これらのUSG業界会議については、そうです。
Q. ハックアンドダンプ作戦、またはハックアンドリーク作戦についてこれらの会議で話し合いましたか?
A.はい。話し合いました。
Q.それらの会議でどのようなことを話したのか教えてください。
A.ハックアンドダンプ作戦に関しては、F◯IやC〇〇A(○はIS)が防ごうとしているハックアンドダンプ作戦のことです。なので、F◯I側としては、すでにお話しした通りです。保護するための第一声です。具体的なことは覚えていません。C〇〇Aではサイバーセキュリティー意識向上の取り組みと助成金について州、郡、および地方レベルの選挙関係者で議論をしました。
Q.これらの会議で、業界の誰かに露の国のハックアンドダンプ作戦、もしくはハックアンドリーク作戦に関して、2020年の選挙前に話しましたか?
Mr. SUR 意義あり。論点から離れています。
証人:私の記憶によると、F◯Iが警告したのは、私、もしくはF◯Iの誰かが警告したのは、SNS業界が潜在的に2016年のスタイル、D●C(●はN)...
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604881305178497024/photo/1

 2:
2022年11月29日 エルヴィス・チャン P173

Q. サウアー氏からの質問:SNS企業らに関して、具体的になんとおっしゃいましたか?
A. あなたにお話しした基本的なことです。
Q. あなたは、露の国からのハックアンドダンプ作戦があるかもしれないと言いましたか?
A. 私が言ったことは、国家レベル政治議会や選挙関係者、大統領候補者へのコンピューター上の侵入が現在なくても、我々は潜在的なハックアンドダンプ作戦や、そのような危険行為の危険性があることを警告したいのです。
Q. あなたは2016年のD〇〇C(◯はCC)やD●Cを標的にしたハックアンドダンプ作戦についておっしゃっているのでしょうか?
A. そうだと思います。
Q. あなたはSNS企業らにそのような証拠に基づいた作戦があるかもしれないことと伝えましたか?
A. 私の証拠に基づいてという観点は、過去に体験したので、また起こり得るというものでした。
Q. あなたは、4年前のことで実体験の他に、何か具体的な情報を知っていましたか?

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604881305178497024/photo/2

 3:
2022年11月29日 エルヴィス・チャン P174

Mr. サー:意義あり。解答が法執行機関の機密情報を要求するものです。
回答は特定の操作に関して法執行機関の特権を漏らさずにできる限りお願いします。
証人:操作を通して、過去4年間に4年前のような侵入などは見られませんでした。
我々の観点からも、何も見られませんでした。特に十分な注意を払って、私たちが見落としていても、企業らが見つけた場合に備えて警告しました。
Q. サウアー氏からの質問:あなたは企業らに何か侵入や、不正アクセスなどの動きがあるかを聞きましたか?
A. これは我々がーー 会議で尋ねた質問です。
Q. この質問をこれらの会議でしましたか?
A. いいえ。毎回ではありません。
Q. これらの会議で、繰り返し露の国が仕掛けるハックアンドダンプ作戦の可能性を警告しましたか?

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604881305178497024/photo/3
 4
2022年11月29日 エルヴィス・チャン P174
Mr. サー:意義あり。とても曖昧で、事実に基づく質問ではありません。
証人:繰り返し言ったのはーー質問なのですが、ーー”繰り返し”とはどう言った意味ですか?100回とか500回とかということでしょうか?

Q. サウアー氏からの質問:そうですね。1回以上しましたか?
A. はいーー1回以上はしました。具体的に何回かは思い出せませんが、企業らに露の国やイ◯ンからのハックアンドダンプ作戦があるかもしれないと1回以上の機会で伝えました。
Q. F◯Iの他のエージェントとハックアンドダンプ作戦について、話したことはありますか?
A. 私の記憶ですと、他のシニアエージェント、管轄チーフのデムロー氏とはハックアンドダンプ作戦について話しました。
Q. 管轄チーフのデムロー氏がハックアンドダンプ作戦について、発言したことはありますか?
A. お話しした通り、1回以上の機会で彼女もお話をしました。
Q. 彼女はなんと言いましたか?

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604881305178497024/photo/4

ロの国スッパイ疑惑を報告

15. その通りだった。つぶやき社幹部は”繰り返し” 露の国の活動に関して報告していた。

例えば、2020年9月24日、ツイッターはF◯Iに345個の”放置された”アカウントを削除したと報告し、”露の国の計画されたハッキングと結びつけた” それらは”とても少ないフォロワーと拡散規模のアカウントだった” 画像リンク

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604883686855299072?s=20
つぶやき15番目画像リンクの内容:
画像リンク
メールの内容⬇️
2020年9月24日11時37分AM 
件名:露の国のアカウントについて
送信先:エルヴィス・チャン
本文:
こんにちは、エルヴィス お元気ですか?
後1時間以内に公式に発表する予定のアクションについて報告したいことがあります。ご存知のように、我々はあなたとFB(顔の本)と協力をして、確実に露の国に帰属するアカウントを永久凍結しています。日頃より、情報提供とご協力をありがとうございます。
露の国の国営企業に確実に既存する2つの異なるアカウントネットワークを削除します。私たちの操作は進行中です。合計345のアカウントの最初のネットワークは、大部分がアクティブではないアカウントで、以前の露の国による組織的なハッキングの試みに関連していました。これらのアカウントが共有するコンテンツのほとんどが、露の国の地政学的利益を保身することを目的とした見解が見られます。
合計約10個のアカウントの2つ目のネットワークはユナイテッドワールドインターナショナルと呼ばれるウェブサイトに関連づけられていると考えられます。ユナイテッドワールドインターナショナルへのリンクは安全ではないリンクに関連するポリシーに基づいて、ツイッター上でブロックされます。
この強制処置含まれるアカウントは、リーチがほとんどなく、フォロワー数も少なかった。調査の結果、F◯TF(◯はI)関連のアカウント情報をお送りする予定です。

同日1時33分PM
エルヴィス氏からの返信:

素晴らしい事前報告をありがとうございます。

よろしくお願いします。
エルヴィス

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604883686855299072/photo/1

誤情報を摘発

16. 実際、ツイッターは同社のプラットフォーム上で、外国の影響を受けているジャーナリストによる誤情報を暴いた。

「我々は@oneunderscore__@NBCによる、海外の影響下にあるボットニュースの主張について実証する証拠を確認できていない。

「それゆえに我々のレビューでは今の所、とても小規模の国内の活動のものであると結論づけた…」画像リンク1,

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

画像リンク2
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604885848398254080?s=20
つぶやき16番目画像リンクの内容:
画像リンク1

F◯Iチャン氏からのメール
日付:2020年6月3日 3:29PM
送信人:エルヴィス・チャン
件名:ツイッターリファーラル
受信先:ヨエル・ロス

本文:
警戒が必要な大量な案件から、取り急ぎ一つニュースを共有させていただきます:
(リンク画像2のニュースリンク)
記事の2項目目はDCのブラックアウト(停電)についてで、潜在的な可能性としては、海外が運営しているボットです。この話題について、何か議論が必要なことはありますか?ありがとう。

エルヴィス・チャンより

ロス氏からの返信メール
日付:2020年6月3日 3:30PM
送信人:ヨエル・ロス
件名:ツイッターリファーラル
受信先:エルヴィス・チャン

本文:

エルヴィスへ
我々はこの主張について実証する証拠を確認できていない。私たちの検証結果では、この記事は小規模の国内での活動家が巧みに配信しているもので、海外からの物であったり、そういった影響があるボットではなさそうです。

ヨエルより

未だに、陰謀論界隈では大規模停電がある!という噂が絶えないですよね。でも、ジョセフティテル氏の予言にも出ていることなので、決して起こらないとは言い切れません。余談ですが、実際2020年以降見ていると、アメリカでは大規模停電が起きています。2021年テキサス2022年にインフラへの攻撃が100件以上勃発。

人種的視点のインパクトを警戒

17. F◯Iが尋ねてから、ワシントンポスト記事は、DT氏支持のツイートが海外の影響があることについて断言した主張をし、つぶやき社のロス氏は「記事は巧みに刷り込む要素を持っているが、…我々としてはそれを証拠づけるものは見つけられないでいる(実際、多くの証拠は他の事実を立証している)」画像リンク1

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

画像リンク2
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604887121700929541?s=20
つぶやき17番目画像リンクの内容:
画像リンク1

エルヴィス氏が送信したメール
2020年8月31日12:08PM
送信人:F○I(の誰か)
件名:ツイッターアカウントについての質問
受信先:エルヴィス・チャン
本文:
エルヴィスへ
ワシントンポストで、ポリシー違反によるツイッターのアカウント@wentdemtoRepの削除に言及した次の記事を見つけました。
記事によると共和党全国大会の前夜、著名なアフリカ系アメリカ人がDT大統領に対する人種差別の申し立てに異議を唱え、次のメッセージが22,000リツイートされ、さらに、メッセージは投稿から19時間以内に39,000のいいねがついてます。
「私はずっと民主党員だった。数ヶ月前に始まったブラックライブズマターの講義に参加し、それが私の目を覚ました。私は自分がマルクス主義者になったことに気づかなかった。私はこんなの懲り懲りです。私は共和党員として登録します。」

一時停止の時点で、ツイッターはのアカウントと活動のいずれかを特定の国に関連づけることができましたか? それと、前述のアカウント、またはその他の停止されたアカウントは、大会次期2020年の米国大統領選挙に関連する同様のメッセージを投稿しましたか? 調査をさりがとうございます。

謹んで〇〇より

2020年8月31日2:15PM
送信人:ロス
件名:ツイッターアカウントについての質問
受信先:エルヴィス・チャン
本文:

エルヴィスへ
確認のお問合せをいただき、ありがとうございます。問題のアカウントは国内のものであることが確認できました。この記事は外国の干渉について多く仄めかしているが、ここではそういった証拠は見られませんでした(そして実際、反対を示す多くの強力な証拠があります)。

ヨエルより

上記のとおり、ロス氏は冷静に国内で配信されたツイートであり、海外からの影響を受けた背景は確認できないとF◯Iに応答していますね。ここで、見えたのがツイッター社のF◯Iに対する警戒です。

F◯Iの圧力に抵抗するツイッター社

18. つぶやき社のロス氏がF◯Iに距離をおこうとしているのはここが初めてではありません。2020年1月、ロス氏はF◯Iがつぶやきと通常捜索願いの外でのデータの共有を頼んで来た時に拒否をしています。画像リンク1画像リンク2

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604888013422485505?s=20
つぶやき18番目画像リンクの内容:
画像リンク1
エルヴィス・チャンが送ったメール
2019年12月20日 1時2分PM
送信人:エルヴィス氏
本文:

フォートで勤務する同僚へお問合せがあります。下の文を確認してください。

数年前、ツイッター社はICのメンバーにはデータ情報などはもう共有しないと言っていました。私の同僚が知りたいのが、そのポリシーが変更になったか、もしくは変更できるかを知りたいです。同僚は現在、オープンソースインテリジェンス用の分析ツールのベンダーと契約しています(公開されているデータのみ)。このツールの商用バージョンには、ツイッター社データフィードが含まれています。ただし、ベンダーがツイッターの利用規約に違反したくないと言ったため、フィードは無効になりました。私の同僚は、このベンダーが引き続きツイッターフィードにアクセスできるようにするために、ツイッターが利用規約を改定することを受け入れるべきか疑問に思っていますか?ご希望があれば、私の同僚がお会いして、この問題についてお話しさせていただきます。

素晴らしいホリデーシーズンをお過ごしください!
よろしく
エルヴィス

エルヴィス・M・チャン
監督特別代理人
国家安全保障サイバーC◯-1部隊
F◯Iサンフランシスコ


画像リンク2
ロス氏がエルヴィス氏に送信したメール
2020年1月7日 5時20分PM
受信人:F◯Iの誰か
件名:OGA お問合せ

エルヴィスへ

こんにちは〇〇、
議論したように、これが私の応答です。もちろん自由に微調整してください。
現時点では、フォートの同僚に直接電話をするのは最善ではないと思います。原則として、データのライセンス関係で、第三者(我が社の顧客の顧客データなど)を直接話し合うことはできません。これは機密保持上の理由と、当社でビジネス上の決定をする場合に限られた情報となり、それは我々の顧客が政府に情報を共有することを拒否することにつながります。また、当社のデータ製品、およびAPIを監視、および情報収集の目的で使用することは禁じるという方針もあります。これを逸脱することはありません。最終的には、私たちは政府の良きパートナーとなり、共通の脅威と戦い手助けをしたいと考えていますが、N●A(●はS)、または政府の一部がツイッターユーザー、またはそのコンテンツに関する情報を要求する最善の方法は、法的手続きに従うことです。
ありがとう。

ヨエル

このように、ツイッター社は一線を超えてはならないことを自覚していて、丁重に情報共有のお断りをしていたのが分かりますね。

高まる連邦機関からの圧力

19. 圧力はどんどん高まっていった。

「IC [インテリジェンス コミュニティ] は、より多くの情報を共有し、APIポリシーを変更するように促すための継続的な (調整されていない場合) 努力を目にしてきました。彼らは可能な限り探りを入れ、プッシュしています(議会スタッフへのささやきを含む)。」画像リンク

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604888429816209409?s=20
つぶやき19番目画像リンクの内容:
画像リンク
2019年12月20日 1時2分PM
送信者:カルロス・モンジェ氏(ツイッター社)
件名:OGA お問合せ
受信者:ヨエル・ロス氏
本文:

私は確実にその警戒には同意です。
IC [インテリジェンス コミュニティ] は、より多くの情報を共有し、APIポリシーを変更するように促すための継続的な (調整されていない場合) 努力を目にしてきました。彼らは可能な限り探りを入れ、プッシュしています(議会スタッフへのささやきを含む)。我々はこうしたプッシュに負けることなく、一丸となって前線を強く固めなければならない。下のやりとりで私が感じるのは、エルヴィスは頼まれたことを我々にメッセージをして頼んできている感じがする。彼自身はこの圧力に関して主導権がないと思うので、丁重に議論してあげることが最善だと思う。
提供された手がかりによって、ここでどの商用プロバイダーが参照されているかわかりますか?これらの企業が政府からの圧力を感じた時に、当社のルールを明確にし、APIルールを指摘する努力を最小限に抑えるのに役立つガイダンスがあると思いますか?DataMinrはそのメッセージを明確に受け取ったようですが、他の場所から追加のクエリを取得し続けています。

カルロス・モンジェ Jr.
米国およびカナダの政策、慈善事業担当ディレクター

ぐいぐい押してくるF◯I…。

20. 何度も F◯Iはつぶやきに外国の影響の証拠を求めますが、つぶやきは報告する価値のあるものは何も見つからないと答えています。「[私たちは]通常あなたに言及する活動をまだ特定していません(または、外国の影響の文脈で興味深いとフラグを立てることさえあります)。」

画像リンク1画像リンク2

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604889734378967041?s=20
つぶやき20番目画像リンクの内容:
画像リンク1
ロス氏がF◯Iに送ったメール
2020年5月31日 12:39PM
送信者:ヨエル・ロス氏
件名:SNS 現状
受信者:F◯Iの誰か
本文:

やあ、〇〇とチーム、
この状況について、継続的に慎重にモニターしています。上院議員のルビオさんのつぶやきに関連するものは見受けられません。我々が耳にしたのは、上院のICのスタッフとグラピカ(分析や操作のため雇用された)のミスコミュニケーションにより、生じた問題だということですが、特定のことは掴めていません。

画像リンク2
ロス氏がF◯Iに送ったメール
2020年6月26日 8:18AM
送信者:ヨエル・ロス氏
件名:利用規約違反の可能性 ーフォローアップ
受信者:エルヴィスと彼のチーム
本文:

エルヴィスとチームへ
この件に関して、我々の検閲で、簡潔にフォローアップさせていただきます。まず、困惑させてしまい、申し訳ございませんでした。当社のバグツールですけど、アカウントの一つが我々の検閲に正常に登録されていなかったので、他のアカウントが見えないのに、このアカウントが閲覧できてしまっていたようです。その問題はすでに修正済みです。
それを超えて、F◯TF(◯はI)がこれらのアカウントのソースに関する情報を共有できる範囲で、非常に高いレベルであっても、USGの情報をソースとする機密情報にアクセスできないUSG外の研究社をソースとするなどは大歓迎です。アカウントはいくつかの不正確な兆候がみられましたが、私たち側では、関連するアカウントやコンテンツを連邦機関に報告するくらい明確ではありませんでした。現時点では、それらが外国のものである明確な兆候はありません。私は、これらの場合に、調達情報を共有する連邦機関の能力が制限される可能性があることを認識しています。ただし、ここでの調査をさらに進めるために共有できるものは全て我々側で追加のレビューと共有があるかもしれません。
ありがとう

ヨエル

21.つぶやき社に拒否されてもなお、F◯Iは繰り返しつぶやきが通常の法的経路以外の情報の共有はしないことをはっきりと伝えるもなお、情報を求めた。画像リンク

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604890339235336192?s=20
つぶやき21番目画像リンクの内容:
画像リンク

ーーーロス氏が4日後にF◯Iに送った返信メールーーー
2020年7月13日 11:43AM
送信者:ヨエル・ロス氏
件名:SNS利用規約違反の可能性
受信者:F◯Iの誰か
本文:
〇〇へ
お返事が遅れてしまい、申し訳ございません。
VO○P(○はI)の使用に関して、つぶやき社ではアカウントを登録する際、メールアドレス、または電話番号のいずれかを確認する必要があります。また、ツイッターを使用する過程でアカウントから疑わしい活動の兆候が検出された場合、アカウント所有者に電話番号の確認を求める場合があります。これらのアカウントに関連づけられていることを確認した電話番号のいくつかは、VO○P電話プロバイダーにリンクされているように見えました。これはアカウント確認のために、電話番号を取得するための比較的一般的な方法です。
VPN情報については:〇〇と相談した後、これらのアカウントからの認証IPに関連づけられているIP、サブネット、プロバイダーなどに関する詳細情報を提供するために、法的手続きが必要になります。
ありがとう。
ヨエル

ーーーF◯Iエージェントからの依頼メールーーー
2020年7月9日 4:50PM
送信者:CID F◯I
件名:SNS利用規約違反の可能性
受信者:ロス氏
本文:
こんにちはヨエル、
この度はお時間をさいて調査いただき、誠にありがとうございました。可能な場合は、いくつかのフォローアップの質問がありますので、ご回答いただければ幸いです。私の理解に基づいて、つぶやき社はオンラインアクティビティーを難読化する方法として、VPNとVO○Pを使用しているアカウントのいくつかを見つけ、モニターしました。ご覧になっている内容に基づいて、アカウント所有者がプラットフォームでVO○Pをどのように使用していたかを教えていただけませんでしょうか?また、それぞれのアカウントに関連づけられた実際のVPN IPアドレスを取得するには、法的手続きが必要になる可能性は高いと理解していますが、ツイッター社はそれらのVPN IPアドレスで判明したサービスプロバイダーを共有することは可能でしょうか?
ご不明点がある場合は、お知られいただければ幸いです。
謹んで
〇〇
防諜課
海外影響タスクフォース グローバルユニット
〇〇

最後の手段:セキュリティクリアランス

上記でロス氏が「IP、サブネット、プロバイダーなどに関する詳細情報を提供するために、法的手続きが必要になります」とメールで言っていたのですが、その“法的手続き”がクリアになれば、良いってことかと理解したのか、F◯Iはとうとうその部分を取っ払う手段に出たのです。

22. そして、2020年7月に、F◯Iのエルヴィス・チャンはトップシークレットのセキュリティクリアランス*をツイッター社幹部に向け、期間限定で行った。そうすることで、F◯Iは来る次期選挙のための情報を共有できるからです。画像リンク

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604890603468120064?s=20

セキュリティクリアランスについて

徹底的なバックグラウンド チェックの完了後に、機密情報(国家または組織の秘密) または制限区域へのアクセスを許可する個人に付与されるステータスです。「セキュリティクリアランス」という用語は、機密情報へのアクセスについて従業員を精査する正式なプロセスを持つ民間組織でも使用されることがあります。通常、クリアランスだけではアクセスを取得するのに十分ではありません。

https://en.wikipedia.org/wiki/Security_clearance
つぶやき22番目画像リンクの内容:
画像リンク
ーーーF◯Iエルヴィス・チャン氏がロス氏に送ったメールーーー
2020年7月15日 12:09PM
送信者:エルヴィス・チャン F◯I
件名:セキュリティークリアランス
受信者:ロス氏、他
本文:
みなさんへ、

通話中に安全検査について取り上げてたので、永久的にセキュリティクリアランスを持つ人はつぶやき社にはいないと思います。もしそうでないならば、訂正をお願いします。私が提案したいのは、選挙から30日後に、一時的な許可を得るようにすることです。あなた方は彼らのことを判断することができるようになります。ぜひ、意見をお聞かせください。ありがとう。

よろしく
エルヴィス
監視特別捜査官 C◯-1部隊(◯はY)
国家安全保障
F◯Iサンフランシスコ
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604890603468120064/photo/1

機密情報を共有

23. 2020年8月11日、F◯Iのチャン氏はツイッター社のロス氏と露の国のハッキング組織であるA◯T28(◯はP)に関する情報を共有したが、F◯Iの一方的なコミュニケーション経路であるテレポーターを通じてである。画像リンク

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604891014207901696?s=20
つぶやき23番目画像リンクの内容:
画像リンク

ーーーF◯Iエルヴィス・チャン氏がロス氏に送ったメールーーー
2020年8月11日 06:28PM
送信者:エルヴィス・チャン F◯I
件名:情報共有
受信者:ロス氏、他
本文:
アルコン、
今週の会議に先立ち、テレポーターというF◯Iのアプリケーションを通じて、3つの文書を送ります。〇〇@eレポーター01からリンクを取得してください。24時間で有効期限が切れます。機会があれば、資料をダウンロードしてください。ドキュメントは登場人物を示していないので、ここで共有します。A-F◯TF(○はI)トピック、B-A◯T28、サンドワーム。AtoBについて議論しますが、この時点でCatに追加するものはありません。ありがとう。
よろしく
エルヴィス

ーーーF◯Iエルヴィス・チャン氏がロス氏に送ったメールーーー
2020年9月15日 05:04PM
送信者:エルヴィス・チャン F◯I
件名:さらなる情報共有
受信者:ロス氏、他
本文:

諸君、
テレポーターを通じて、あなたと共有できる更なる情報があります。まもなくそこからメールが届きますので、ドキュメントをダウンロードしてください。
ありがとう!

よろしく。
エルヴィス
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604891014207901696/photo/1

 

24. 先日、ヨエル・ロス氏は@karaswisherに話した内容として、狩人Bのラップトップのニュースが出る前に、露の国のハッキンググループA◯T28 について考える準備ができていたと語った。それが実行されたとき、ロス氏は次のように述べています。「僕の中に備わっていた全てのA◯T28のハックアンドリークアラートが鳴り響いたんだ」動画リンク

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604892289800605697?s=20

ツイッター社にいた機密情報を取り扱える人物

25. 2020年8月、F◯Iのチャン氏はつぶやきに尋ねた:機密情報のクリアランスがある方はいますか?

ある人がジム・ベイカーの名前を出した途端、チャン氏はこう答えました「彼がいたではないか」とてもおかしい発言ですね。チャン氏はつぶやき社のメンターであり、ベイカー氏とはF◯Iで同僚であったのですから。画像リンク1画像リンク2

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604893341019013120?s=20
つぶやき25番目画像リンクの内容:
画像リンク1
ーーーF◯Iエルヴィス・チャン氏が同僚に返信したメールーーー
2020年8月25日 02:43PM
送信者:エルヴィス・チャン F◯I
件名:社外メールSNS、機密情報ブリーフィング
受信者:F◯I同僚
本文:
〇〇へ

ベイカーが今そこにいることをすっかり忘れていました。はい。彼は完璧です。彼と連絡を取っていただけますか?ブリーフィングする日を確定しようと思います。共有できる未分類のディアラインもあるといいのですが。ありがとう!
よろしく
エルヴィス
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604893341019013120/photo/1

ーーーF◯Iの同僚がチャン氏に送ったメールーーー

2020年8月26日 11:40AM
送信者:F◯I同僚
件名:社外メールSNS、機密情報ブリーフィング
受信者:エルヴィス・チャン F◯I
本文:

やあ、エルヴィス、
はい。二人います。ジム・ベイカーはどうでしょうか?お返事を待っています

ーーーF◯Iエルヴィス・チャン氏が同僚に質問したメールーーー
2020年8月26日 11:35AM
送信者:エルヴィス・チャン F◯I
件名:社外メールSNS、機密情報ブリーフィング
受信者:F◯I同僚
本文:
〇〇、
F◯TFは、現在機密情報のクリアランスを持っている人がツイッター社にいるか確認するように依頼してきました。機密情報のクリアランスを持っている人がツイッター社にいるかもしれないと言われましたが、どうでしょうか?
ありがとう!
よろしく
エルヴィス
https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604893341019013120/photo/1

画像リンク2
2022年11月29日 P239
エルヴィス・チャン

その通りですが、2ヶ月前くらいです。
Q. ミスターサウサーからの質問:どれくらい頻繁に彼女と会話をしましたか?
A.クオーターに1度くらいです。

Q. あなたはMr.ストルゾック氏、もしくはMiss.ペイジ氏と露の国のハックアンドリーク作戦について話しましたか?
A. いいえ。唯一彼らと話したことがあるとしたら、ヤフーのハッキング調査の件だけです。

Q. クロスファイヤーハリケーン捜査の件で、誰か関係者で知っている方はいますか?
A. いいえ。ただし、一つ追加しておきたいのは、それらのMr. ストルゾックとの会議にはジム・ベイカー氏も時折参加をしていたということです。

Q. Mr. ベイカーはあなたとMr. ストルゾックさんのヤフーのハッキングに関しての会議に参加したということですか?
A. はい。少なくとも数回は参加しました。

Q. 他に誰が会議に出席しましたか?
A. 3人だけです。その3人が状況報告の更新をーーから受けて、ケースの更新は私からしました。
Q. ケースの更新はヤフーのハッキング捜査の件ですか?

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604893341019013120/photo/2

26. ジム・ベイカーって誰とお思いでしょう。彼は元F◯Iの法律顧問(2014-18)であり、米国のインテルコミュニティーで最も権力のある人物のひとりです。

ベイカーは過去30年に渡り、米国政府機関を行ったり来たりし、CNNやブリッジウォーター(140億ドルのアセットマネージメント会社)、ブルーキングスなどでも籍を置いたことがあります。画像リンク1画像リンク2画像リンク3、 画像リンク4

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604894334561660928?s=20

こちらの4つの画像リンクの詳細は、【ジム・ベイカー氏について】のページからご確認ください!ジム・ベイカー氏について、詳しく知ることができます。

27. F◯Iの法律顧問であるベイカー氏はDT大統領の調査を社内で主張する中心的な役割を果たしていた。ワシントンジャーナルの記事

— Michael Shellenberger (@ShellenbergerMD) December 19, 2022

https://twitter.com/ShellenbergerMD/status/1604894831863422976?s=20
ワシントンジャーナルの記事の要約:

まず、マイケル・サスマン氏という人物は、クリントン陣営の弁護士。ジョン・ダーラム特別検察官は2016年のF◯IによるDT氏と露の国の関係の調査が始まった発端について捜査をしている人物です。

サスマン氏の主張:ベイカー氏(当時のF◯I法律顧問)に対し、当時共和党の大統領候補だったDT氏の事業に接続されたサーバーと露の国の銀行との間で秘密の通信チャネルがある可能性を申し立てた。しかし、F◯I 当局者に、市民からの情報提供であると語るも、どのようにしてその情報が届いたのかは不明。

ベイカー氏の対応申し立てを却下。そのような通信はなかった。

ダーラム特別検察官側の主張サスマン氏がDT前大統領陣営を弱体化させる党派的陰謀に F◯Iを巻き込もうとしたというもの。
検察側はサスマン氏を起訴:サスマン氏がベイカー氏に動機について嘘をついたと主張。

ベイカー氏(当時F◯I)の主張:F◯IはDT氏と露の国が関わっていた別の証拠を握っている

検察側:サスマン氏がクリントン陣営のサーバー疑惑に取り組んだ時間を請求したことを示す請求記録を提出。
マーク・エリアス氏(クリントン氏2016年の選挙陣営の弁護士): 2016年夏の初めに露の国が民主党員の電子メールをハッキングする作戦を防げなかったF◯Iには懐疑的であるとF◯Iを批判した。

というように、2022年5月でもまだまだ泥沼化し続けている2016年問題。まだ解決はしていません。とりあえず、サスマン氏は無罪にはなったようですが…。それもまた波乱を呼ぶ展開になりそうです。

ツイッターファイル第七章[第二部]は以上になります!今回はかなりF◯Iにフォーカスされ、とうとう大ボス感があるジム・ベイカー氏が登場してきましたね。彼に至っては、国を代表するアメリカ合衆国の政治、国防、経済を絡んだ法律の中心にいる人物なので、ツイッターファイルに留まらず、2016年米オク大統領選挙問題や、アップル社暗号化取り消し問題などなど、色々な問題に関わってきていますね…。

闇は深まるばかりですが、第七章は第三部まで続いていきますので、お見逃しなく!

DSの崩壊?どうなる世界のエリートたち!
迫りくる危機!知らなかったじゃすまされない
サイキックで見るトランプ、バイデン、アサンジ!【ジョセフ・ティテル予言】
何百年前から伝わる透視法で世界の予言!【ジョセフ・ティテルさんの予言】
あの大きな予言、再び的中… 内乱は起きるのか【ジョセフ・ティテル予言】

コメント

タイトルとURLをコピーしました