連邦政府のエンドレスな検閲リクエスト〜ツイッターファイル第九章 [Pt2]

Twitterファイル

皆さんこんにちは!今回はツイッターファイル第九章第2部!

前回までは、諜報機関であるC◯Aが、なんとツイッター社などの主要テクノロジー企業に介入していたことが判明。

さて、今回は引き続き、連邦政府どれほどツイッターをコントロールしていたのかを気付かされる内容です。

それでは一緒にLet’s Think!!

前回までのあらすじ

▶︎ジャーナリストを陰謀論者扱い
-ツイッターファイルをジャーナリストの嘘と言い張る連邦政府  
 
▶︎想定をはるかに超えたスケール
-SNS企業と闇の勢力のダークウェブが壮大なスケールだった

▶︎大混乱になるツイッター幹部ら
-スケールが大きくなり、幹部が混乱

▶︎やり取りの証拠がツイッター社へ流れる
-連邦政府エージェントのやりとりの証拠がツイッター社で見つかる

▶︎"その他の政府機関"の正体
-C◯Aを別名で呼ぶ

▶︎ツイッター社にいた“元諜報員”
-SNS社に就社していた元スパイ

▶︎元F◯I 弁護士に引き継ぎをする元連邦弁護士
-結局SNS企業をコントロールしているのは連邦政府?

▶︎政府は主要テクノロジー企業と連携
-国がSNSを使って情報収集と情報操作

▶︎“その他の政府機関”の介入
-もちろんスパイも"活躍"

▷▷前回の"OGA" は諜報機関 C◯A 〜ツイッターファイル 第九章 [P1]

というように、ざっくりとこんな感じでした!

それでは、早速、第二部の本編スタートです٩( ‘ω’ )و

山のような検閲リクエスト

20. その公式権限は「外国の影響力」であるにもかかわらず、F◯TFとサンフランシスコF◯I 事務所は、州政府や地方警察からの国内のモデレーション要求が山のようになっていました。

証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701438654386177?s=20
ツイート20番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク
チャン氏からカーディル氏へのメールの内容

送信者:チャン、エルビス M. (SF) (F◯I) 
送信日時: 2020年 11月 5日 午前11時32分
件名: MPDの紹介 
宛先: ステイシア・カーディル、Cc: 〇〇& もう1つ 
本文:
こんにちは。 ミネアポリスF◯I から、最近の活動についてホフ中尉と連絡を取るように要請されました。下記にその内容を示します。
ここからはお二人にお任せします。
ありがとう。 

https://twitter.com/TCparkresponder/status/1324418480460820480
https://twitter.com/TCparkresponder/status/1324402105063370753 ジョン・ホフ中尉 戦略情報センター ミネアポリス警察署 よろしく、 エルヴィス https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701438654386177/photo/1

上記見ての通り、警察までそのダークウェブは広がりを見せています。

第九章Pt1でお伝えしたように、F◯TF(外国影響タスクフォース)の人員は想像以上に壮大だった。

実際に、メディア、SNS、政治家、実業家、記者と其処かしこに検閲の目があったようです。

連邦政府の一方的なリクエスト

そんな中、政府機関から送られてくる”検閲要請”…

どんな方法かというと、時間制限を設けた一方的な方法。将来的に足がつかないようにということだったのでしょうか?

実際のテレポーターのスクリーンショットがこちら⬇️

21. メッセージなどの閲覧の制限時間があり一方通行のプラットフォームであるテレポーター経由で多くの要求が届いた。

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

リクエストが大量なので、ダウンロードをしてリストを見る形となっているが、閲覧期限が設けられている。
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701441384865793?s=20

さらに、選挙が近づくと彼らの要請は、より一層多くなっていったそうです。

22. 特に2020年に選挙が近づくと、F◯TF/F◯Iは何百もの問題のあるアカウントリストとそれに対する要求を送信し、ツイッター社を圧倒しました。証拠画像リンク1、2、

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

ツイッターがFBIから受けていた夥しい数の対応処理要求
証拠画像リンク2:F◯Iが送っていた夥しい数のリクエスト
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701443351994369?s=20

実際に、ツイート22番目ではこのような要請リストのスクショが添付されています。

エクセルファイルに連邦政府からの要望がリストアップされている形です。

また、ツイートにはメールのスクリーンショットが添付されている。

そのメールの内容がこちら↓

ツイート22番目証拠画像リンクの内容:

証拠画像リンク1
送信者:チャン、エルビス サンフランシスコ(F◯I) 
送信日時:2020年7月20日午前11時44分 
件名:Re: NYOツイッターリクエスト関連する記事と名前 
宛先:〇〇&ステイシア・カーディル Cc: & 4 以上
本文:
ツイッターの皆さん、 以下の F◯TFグローバルユニットをご覧になり、ご意見をお聞かせください。
ありがとう! 
よろしく、
エルヴィス
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701443351994369/photo/1


送信者:ステイシア・カーディル 
件名: 違反コンテンツの可能性に関する F◯I レポート 
送信日: 2020年11月3日午後5:24:37 
宛先:〇〇ツイッター幹部
Cc: 米国の選挙エスカレーション
本文:F◯Iサンフランシスコ緊急オペレーションセンターは、ポリシーに違反している可能性があると思われる207件のツイートに関する添付のレポートを送信してきました。 スプレッドシートが添付されています。 
ありがとう。 
ステイシア 
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701443351994369/photo/3

こうした中、選挙に向けてF◯Iからこのようなリクエストもあったようです。

23. 選挙に向けて、サンフランシスコ事務所から次から次へとメールが送られてきました。その多くに、Excelの添付ファイルが添付されています。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701446325735429?s=20
ツイート23番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク

こんにちは。
 私たちのF◯Iボルチモアは、次の選挙で投票の時間、場所、または方法について誤解を招くような情報を投稿していると思われるこれらのツイッターアカウント、ツイートを特定しました。これらは利用規約に違反している可能性があると考えられるため、注意を喚起したいと考えています。この件に関するご意見をお待ちしております。
ありがとう! 
よろしく、
エルヴィス
[Excelの添付ファイル]
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701446325735429/photo/1

一旦原点に戻りたいですが、ツイッターですよ?

人々が自由につぶやける場所なのにもかかわらず、連邦政府がツイッター利用者のつぶやき介入してきていた状況でした。

対応に追われるツイッター幹部

24. 政府からの要請が非常に多かったため、ツイッターの幹部はそれらに優先順位を付け/トリアージを行うためのシステムを即興で作成する必要がありました。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701448993333253?s=20

そんな状況下、優先順位をつけるよう指示を出す、ツイッター社の当時の弁護士カーディル氏。“私たちの選挙活動に影響を与える”と言っているのが非常に気になります。

ツイート24番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク
送信者:ステイシア・カーディル 
送信日時:2020年10月28日午後4時39分 
件名:SC 選挙エスカレーションの優先順位付け 
宛先:〇〇&4以上 
本文:
お二人ともお元気でいらしたら幸いです。 
選挙関連のエスカレーションについて連絡です。ご存知のように、統合エスカレーションツールの採用とgo/electionsesclationsの廃止により、私たちはすべての選挙関連のリクエストを直接GETSupportに送信してレビューを依頼しています。私たちの選挙活動に影響を与える未処理の問題がいくつかあります。このメールの担当者は、選挙に取り組んでいるD.C.の公共政策、法務、および通信チームを代表しています。通常、注目度の高いコンテンツであれ、政府のパートナーから直接提供されたものであれ、優先度の高いコンテンツをエスカレーションするのは私たちです。具体的には、一般ポリシーと私は、F◯I、国土安全保障省、州の選挙当局、または アレックス・スタモスが運営するElection Integrity Project からの報告をエスカレーションします。コミュニケーション部は、選挙問題に関するマスコミの問い合わせに関連する多くのコンテンツをエスカレーションします。特にgo/electionsescalations使えない状態なので、エスカレートするレポートに優先順位を付けるための調整を見つける方法はありますか? すべての#Tweepは評価されますが、私たちの報告はおそらく最も信頼性が高く、最も緊急性が高いと思われます。少なくとも今後 1 週間はそうです。 あなたが提供できる支援やガイダンスに本当に感謝します。 
ありがとう、
ステイシア
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701448993333253/photo/1

結果として、「規約の違反の可能性がある」というだけで、連邦政府が検閲の要請をしていました。

25. F◯Iは明らかにツイッターのポリシーに合わせて検索を調整していました。F◯Iの苦情は、ほとんどの場合、”規約違反の可能性がある”という表現で、それは件名にも入っていました。

証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701451124039681?s=20

執拗な規約違反摘発要請に気づくツイッター

26. ツイッター社の幹部は、F◯I がツイッターの規約違反を探すために人員を割り当てているように見えることに気付きました

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701453435113472?s=20

人員をさく連邦捜査機関

27.「彼らは、ボルチモアの現地事務所と本部に、違反のキーワード検索を行っている人々を何人か使っている。これはおそらく、過去5日間で対応した10件目のリクエストです」とカーディル氏は述べています。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701454911483904?s=20
ツイート27番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク
送信者:ステイシア・カーディル 
送信日時:2020年11月3日午後5時45分
件名:Re: 違反コンテンツの可能性に関するF◯Iレポート
宛先: ジム・ベイカー 
本文:
彼らは、ボルチモアの現地事務所と本部に何人かの人々を抱えており、違反のキーワード検索を行っているだけです。これはおそらく、過去5日間で私が対応した10番目のリクエストですが、この種の可視性は実際には必要とされていなかったので、通常は大規模なディストリビューションを含めることはありません。他にご不明な点がございましたら、お問い合わせください。 
ありがとう、
ステイシア 
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701454911483904/photo/1

元連邦捜査機関弁護士でさえ、やりすぎ感を感じた

28. 元F◯I弁護士のジム・ベイカーでさえ「彼らが私たちのポリシーの違反を探しているのは奇妙だ」と同意した。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701456920543234?s=20

そう、ツイート28番の証拠画像リンクでは、「彼ら(連邦捜査機関)が、我々(ツイッター社)の規約違反を探しているのはおかしい」と語ったベイカー氏。

そこで、ご覧いただきたいのが、証拠画像。カーディル氏に当てたメールのスクリーンショットです。

快く要望を引き受けるツイッター幹部

連邦捜査機関などが、ツイッター社の利用規約違反などをするアカウントを摘発し、対応するよう要望することがやりすぎとは言え、ツイッター社幹部は快く要望に応じていました。

29. ニューヨークのF◯Iオフィスは、Daily Beastの記事で名前が挙げられたアカウントの長いリストの「ユーザー IDとハンドル」の要求をも送信しました。上級管理職は、そうすることに「協力的」であり、「完全に快適」であると述べています。証拠画像リンク1

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

連邦捜査機関が記事などの検閲を行なっている証拠
証拠画像リンク1:https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701459068051456/photo/1
ツイッターの幹部が社内で、ユーザーIDやリクエストを送信しても良いかどうかを話し合う様子
証拠画像リンク2:https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701459068051456/photo/2

証拠画像リンク2の内容は、ツイッター幹部のヨエル・ロス氏が、ユーザーIDや対処法などを送信しても良いか社内で確認している様子。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701459068051456?s=20

外国からの影響に対しての処理班

ツイッターは世界で利用されているソーシャルメディアを提供する会社。

肝心なのは、ツイッター社がお米の国会社ということです。

お米の国としては、外国の影響を管理する必要がある為、「外国の影響タスクフォース」というグループが存在しました。

30. 「外国の影響」タスクフォースが、D●S(●はH)とともに、最も過激な資料に関する何千もの国内レポートを転送していたことは、誰も不思議に思わなかったようです。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

証拠画像リンク
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701461718863873?s=20
ツイート30番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク

スコアカードとバイデン別の米国大統領を盗むハンマー選挙 
-- オバマのように そしてバイデン、彼らが2012年にやったこと 
- アメリカン・レポート 
記者:メアリー・ファニングとアラン・ジョーンズ 
配信日時:2020年10月31日 
2009年2月、オバマ政権は、ザ・ハンマーとして知られる強力なスーパーコンピューターシステムを徴用しました。 ザ・ハンマーには、選挙をハッキングして票を盗むことができるスコアカードとして知られる搾取する作用が含まれていると、C◯Aの請負業者から内部告発者に転身したデニス氏は述べています。 設計および構築したモンゴメリー ...[と続く]

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701461718863873/photo/1

ツイート30番の記事に記載されてい文面に注目。

「ザ・ハンマーには、選挙をハッキングして票を盗むことができるスコアカードとして知られ搾取する作用が含まれている」という証言があったという件が。

これって、2020年の選挙に使われていた可能性を示しているのでしょうか…?

情報操作しやすくする為のでっち上げ

ここで思い出していただきたいのが、過去のツイッターファイル。

2016年の選挙以来、外国影響タスクフォース:F◯TFは結成されたと暴露されていましたね。

実は、SNS企業が持つデータ、扇動能力など利用する為わざと「海外からの介入疑惑」を取り上げ、SNS企業のサービスをモデレーションし易くさせていたということらしいのです。

31. 2017年に上院がツイッターのようなプラットフォームを引きずり出して以来、「外国の介入」は表向きはモデレーションの拡大を正当化するものでした。

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

証拠画像:https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701463971196930/photo/1

証拠画像の内容:テクノロジー企業の幹部らは選挙に介入する代わりに、議会にわずかな約束しかしなかった。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701463971196930?s=20

「外国の影響がある証拠はない」ツイッターの反論

連邦政府からの規約違反の摘発、対処要請には快く応えていたツイッター社。

しかしながら、「外国勢力の介入がある」という政府の主張には反対していたようです。

32. しかし、舞台裏では、ツイッターの幹部は、自分たちのプラットフォームやその他のプラットフォームで外国の介入が行われているという政府の主張に反対しました。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701466160599041?s=20

証拠探すが出てこない

33. #TwitterFiles は、ツイッターの経営陣が外国の影響の理論を検証するという絶え間ないプレッシャーにさらされており、主要な主張の証拠を見つけることができないことを示しています。

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701468178075650?s=20

外国勢力の影響の証拠を探そうにも見つけられずにいるツイッター社。連邦政府は、ツイッター幹部にさらなるプレッシャーをかけていく。

34. あるアナリストは、「露の国とのつながりは見つかりませんでした」と述べていますが、「ブレインストーミング」を行って「より強力なつながりを見つける」ことができると示唆しています。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701469813846017?s=20
ツイート34番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク

〇〇のコメント 2022-03-08
 やあ アカウントを確認した後、露の国へのリンクが見つからなかったので、〇〇に尋ねたところ、これが彼の答えでした:
 このチケットで 「ワークフローにタグを付けてくれてありがとう。私のチェックでは、〇〇のアカウントが露の国であることを示唆する指標を見つけることができませんでした。他の電話〇〇にリンクされたアカウントでさえ、それが露の国のプロキシであることを示唆する指標はありません。 IPを解析するためにドメインツールを介してチェックしました。 そしてメールでOSINTをチェックしますが、このアカウントから出てくる内容と説明を見ると、間違いなく親露の国的であり、露の国の代理人である可能性があります。」 
私は〇〇でブレインストーミングを行い、さらに深く掘り下げて、より強い関係性を探してみます。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701469813846017/photo/1

35. 「関係がある可能性は非常に希薄です」と別の人は言います。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701472246534147?s=20
ツイート35番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク

やあ、こちらを調べました。正確な名前の一致や、レディット(SNS)のアカウントをツイッターのプラットフォーム上の存在にリンクするための情報は見つかりませんでした。関連する可能性が信じられないほど希薄なアカウントが1つあったため、そのアカウントに戻り、レビューをする必要な場合に備えて、ここにそのアカウントを記録します (同様の時間枠で作成され、RU ログイン、sus 英語名)。
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701472246534147/photo/1

ヨエル・ロス氏でさえ、見つけられず

36. 「この情報を使用して実際に一致するものはありませんでした」と別のケースでトラスト アンドセーフティの元チーフであるヨエル・ロス氏は述べ、一部のリンクは「明らかに露の国語」であると指摘しましたが、別のリンクは「サウスカロライナ州の賃貸住宅ですか?」証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701474326904832?s=20
ツイート36番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク

ほとんどの情報を使用した実際の一致はありません。唯一判明したことは、提供された複数のIPアドレスとアカウントを使用していることでした。それでも、特に違反しているようには見えませんでしたが、明らかに露の国の人だったものもありました。サウスカロライナ州の賃貸のアカウントも含まれていましたか? 

ヨエル・ロス:持ち出す価値のあるものは何もありません。しかし、彼らが興味を持つ可能性のある2つのクラスターにリンクされた2つのペルソナがあります。どちらも露の国風の名前のようです。しかし、それはIPデータに基づいていたので、スラムダンクとは言えません。IPデータから返されたアカウントの少なくとも1つは、まったく関係がないように見えます。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701474326904832/photo/1

外国の影響はないと結論づけるツイッター社

37. 別のケースで、ロス氏は、一連のベネズエラのマドゥロ派のアカウントが露の国のインターネットリサーチエージェンシーとは無関係であると結論付けています。証拠画像リンク

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701476784779264?s=20
ツイート37番目証拠画像リンクの内容:
証拠画像リンク
やあ 〇〇
お問い合わせいただきありがとうございます。
このデータの簡単なレビューからのいくつかのこと: リストにツイートが表示されるアカウントのいくつかは、IRA/露の国に関連していません。 2019年2月に、ベネズエラ国外で運用された多数のアカウントを除いて、IRAにリンクされたデータセットを再リリースしました。これらのアカウントは非常に大量のツイーターであり、通常は自動化を使用しています (他の多くの IRA活動とはまったく異なる方法で)。私たちは、彼らがIRAや露の国の活動と何らかの形で関連していないことをかなり確信しています。私たちからダウンロードできる現在の公式データセットには、これらのアカウントがRUアーカイブに含まれておらず、代わりに2019年1月にリリースされたベネズエラの活動 (「ベネズエラ (2019年1月、セット2)-764 アカウント」) に含まれています。ハッシュされていないベネズエラのリリースをダウンロードすると、相互参照して除外できるはずです。 
また、私がスポットチェックしたツイートの少なくともいくつかは、ユーザー自身によって削除されました。露の国の活動のアーカイブを最初に公開したとき、アカウントが停止される前に削除されたツイートを除外したことを示しました。 私たちが知ることができた最善の方法です)。

法的制約により、それらを除外する必要がありました。しかし、繰り返しになりますが、ベネズエラのアカウントを除外した後に何か違うことが見られる場合は、全体的なRUアクティビティのごく一部に過ぎないはずです。お知らせいただければ、掘り下げます。 
ありがとう、 
ヨエル 
https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701476784779264/photo/1

38. ベネズエラ人は「非常に大音量のツイーターでした…他の多くのIRA活動とはまったく特徴が異なります」と ロス氏は言います。

— Matt Taibbi (@mtaibbi) December 24, 2022

https://twitter.com/mtaibbi/status/1606701479049715719?s=20

隠語まとめ

隠語:

・F◯I=○はB
・C◯A=○はI
・狩人B=ハンター・バ○デン
・B大統領、もしくはJ売電=第46代大統領
・DT大統領=第45代大統領
・567は2020年からの流行病
・D〇〇C(◯はCC)
・C〇〇A(○はIS)
・外国影響タスクフォース:F◯TF(◯はI)
・C◯-1部隊(◯はY)
・A◯T28(◯はP)
・国連事務次長:U●G(●はS)
・Uの国は露の国と戦っている国のこと
・平栗きんとんは第42代大統領の妻
・O●NI(●はD)
・U〇〇C(○はSI)
・国安保省情報ネットワーク:H〇〇N(◯はSI)
・●ロシ下院議長(●はぺ)
・〇〇non(〇〇はQA)
・米の国真ん中軍 :CE○〇〇●M(○〇〇●はNTCO)
・お米の国特殊作戦軍:S○〇〇M(◯はOCO)
・イ●ン(●はラ)
・イ◯ク(○はラ)
・国防総省:Do●(●はD)
・機密情報隔離施設:S〇〇F(◯CI)
・/I◯I◯(◯はS)
・ア●ガニ〇タン (●はフ、◯はニ)

今回のお話を動画で視聴

rumble:
YouTube:
DSの崩壊?どうなる世界のエリートたち!
迫りくる危機!知らなかったじゃすまされない
サイキックで見るトランプ、バイデン、アサンジ!【ジョセフ・ティテル予言】
何百年前から伝わる透視法で世界の予言!【ジョセフ・ティテルさんの予言】
あの大きな予言、再び的中… 内乱は起きるのか【ジョセフ・ティテル予言】

コメント

タイトルとURLをコピーしました