ツイッターファイル【番外編】アダム・シフの知られざる行動

アメリカ青い勢力の裏 ニュース

こんにちは!Thinkers’チャンネルのThinkerです!

今回は、マット・タイビさんによる、ツイッターファイルの付録的な内容になります!

今回タイビさんがフィーチャーしている人物は、アダム・シフ下院デモ党員です。

ツイッターファイルとは:

昨年末にツイッター社がイーロン・マスク氏に買収されました。

それ以降、ツイッター上では、言論の自由がある程度認められ、アメリカのジャーナリストらが一丸となり、旧ツイッター社がどのようにして、機能していたのかを暴いている証拠ファイルとなります。よって、現ツイッター社をことではありません。

シフ氏について

まず、ツイッターファイル付録編を始める前に、シフ氏が何者であるかを知る必要があると思いますので、短くご紹介します。

DT氏のダンガイ部長だった

シフ氏は、2019年から2023年まで下院情報委員会の委員長を務めていました。しかしながら、 2023年にケビン・マッカーシー議長によって下院情報委員会から外された。

さらに、シフ氏は最初のDTお米の国の前リーダーをやめさせようとするダンのガイ裁判のハウスマネージャーを務めた人物としても知られています。

マッカーシー氏(リパ党)は、DTお米の国の前リーダーが主張する不正選挙を支持していました。しかし、議事堂での一件で、DTお米の国の前リーダーに非があると一時期主張をしていました。しかし、今ではDT氏と和解をしたそうです。

マッカーシー氏は、2023年1月7日より、ナンシー・ペ◯シ氏の後任となる現在の下院議長です。

ということなので、構図的に下院議長がマッカーシー氏になったことで、シフ氏は委員長を下されました。

ファインスタイン氏の後任を狙う

そんな苦い思いをしたアダム・シフ氏、まだまだ、彼の野望の火は消えません。なんと、今後は、ダイアン・ファインスタインの後任となるため、2024年の上院議議員選挙の立候補しています。

そう、右VS左の火花の中心に近い人物なのです。

Thinker
Thinker

今回シフ氏などの情報をささっと、目を通す為引用させていただいたのはウィキペディアです。シフ氏がこんなにも強力キャラなのにもかかわらず、日本語に訳された

ページの用意がありませんでした。23言語にも訳されているのに、中国語はあっても、日本語訳がない寂しさ…。

元下院情報委員長が要請

1. ツイッターファイル:付録編

アダム・シフ氏のさらなる “削除リクエスト”と”非拡散要請”

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932017716195329?s=20

2. 下院デモ党スタッフのアダム・シフ氏がツイッター社に要請したのは、ツイートを削除できるかどうかということです。納税者の大事なリソースである、B現お米の国のリーダーの「ピーター・ドゥーシュ」のパロディ写真に関しても、削除要請がありました。デモ党全国委員会も同様の要請を行った。

証拠画像1証拠画像2

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932019494391811?s=20
ツイート2 証拠画像の内容
証拠画像の内容:ステーシア・カーディル氏のメール

送信日:2020年4月27日午前6時24分

差出人:ステーシア・カーディル

件名: ディープなフェイクのツイートの質問

宛先:ケイティー・ロブボロー cc: ローレン・カルバートソン, ブリジット・コイン, キャロライン・ストロム, エレイン・ロウ・オング・ソット他8件

本文:ヨエル、デモ党全国委員会が同じメディアファイルに対して、違うつぶやきと違うアカウントがあるとの連絡をくれました。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932019494391811/photo/2

考えれば分かることと冷静なツイッター社だった

3. 本当の問題は、DT前お米の国のリーダーが、B現お米の国のリーダーの写真をリツイートしたことであった。名誉のために言っておくと、ツイッター社はこの投稿の削除を拒否し、トラスト・アンド・セーフティー部門の責任者であるヨエル・ロス氏は、投稿には明らかな「ユーモアの意図」があり、「合理的な観察者なら誰でも(明らかにシフのスタッフではない)改ざんされているのがわかるだろう」と述べた。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932023298625539?s=20

発端は、DT前お米の国のリーダーがこの画像をリツイートしてしまったことだった。ツイッター社は、この画像の削除はしたものの、実はツイッター社の考えとしては、画像は見たら本物かどうか一目瞭然なので、問題はないという見解だった。

ツイート3 証拠画像の内容
証拠画像:ヨエル・ロス氏のメール

2020年4月27日月曜日 午前10時13分

差出人:ヨエル・ロス

本文:皆さん これは、ユーモラスな意図で作成された、かなりはっきりと編集されたGIFです。まともな観察者であれば、それが改ざんされていると憤慨するかもしれない。それに、関係者に危害を与えることはありません。我々の規約違反には当たりません。

ヨエル

2020年4月26日(日)午後7時10分

差出人:ステイシス・カーディル

本文:デモ党全国委員会も同じツイートで連絡を取ってきたところで、追加のツイートももらいました。「Muglife」(https:www.muge.com) を使用して作成されています。これは、「コンピューター ビジョンテクノロジーを使用して写真を分析し、3D構成要素に分解します。カメラ、1枚の写真からパペットを作成できるようにする技術」 これは操作されたメディアに関するポリシーに違反する可能性があると考えています。

ありがとう、

ステイシア

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932023298625539/photo/1

諦めない、下院議員ら

SNSの力で、世論が大きく傾いてしまうことを懸念していたのでしょうか。

4. シフ氏のスタッフ、ジェフ・ローウェンスタイン氏は諦めず、「滑りやすい斜面の状況を生み出す懸念がある」と主張した。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932025353834497?s=20
ツイート4 証拠画像の内容
証拠画像:ジェフ・ローウェンステイン氏のメール

差出人:ジェフ・ローウェンステイン 2020年4月28日午前6時58分

件名: ディープなフェイクのツイートの質問

宛先:ローレン・カルバートソン, 黒塗り部分、CC: ステイシア・カーディル

本文: ローレンと皆さんへ、このリクエストをフォローアップしたいと思っています。

操作されたメディアに対する規約に関する政策であり、文脈上、それが違反しない理由がいくつかわかるが、一歩下がってみてみると、候補者がテクノロジーを使用して相手を中傷した例であり、これがシフ議員や他の多くの議員が抱いてきた懸念の核心である。ティープフェイクとその乱用について与えられたポリシーに当てはまらないことは分かりますが、滑りやすい斜面のような状況を生み出す懸念があります。なぜそうなるのかについてはツイッター社からのさらなる説明が必要だと思います。なぜなら、かなり悪性なのにもかかわらず、目立たないので自体は簡単に悪化してしまう可能性があるからです。

もし、よろしければ、電話での議論できればと思っています。

ありがとう

ジェフ

差出人:ローレン・カルバートソン 2020年4月28日午前7時6分

件名:ディープなフェイクのツイートの質問

宛先:黒塗り部分、ステイシア・カーディル

本文:ジェフ、フォローアップありがとうございます。ポリシーについて、あなたに説明をさせていただきたいです。今日か明日、電話をするお時間はありますか?

もしよろしければ、本日午後1時半、もしくは午後4時、それか明日でしたら午後何時でも構いませんが、いかがでしょうか?

ローレン

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932025353834497/photo/1

確かに、フェイクが蔓延してしまうのは嫌ですが、調べることが昔より簡単になった昨今、自分で情報を精査することをする必要が高まってきましたよね。

しかし、私たちにその能力を持たせないようにするのが闇の勢力なのではないでしょうか。

尚も、拒否するツイッター社

もちろん、利用者のツイートをお偉いさんが指摘をしたからと言って、容易く削除するような会社ではありません。ツイッター社も、反論はしていたようですね。

5. ツイッター社はまた、シフ氏と彼のスタッフに関するコンテンツの使用禁止要求に対して否定した。例えば「ミスコ氏と他の委員会スタッフに関するあらゆる検索結果の完全な抑制」の要求など。ツイッター社は、これは「考えられない」と述べた。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932027312480263?s=20
ツイート5 証拠画像の内容
証拠画像: ツイッターがシフ氏側のリクエストに拒否した証拠

添付のPDFにリストされている質問 (要求?) については、その多くが、引用されたポリシーに基づいて利用可能な修復の対象外となっています。たとえば、「ミスコ氏と他の委員会スタッフに関するあらゆるコンテンツをサービスから削除(そのコンテンツへの引用、リツイート、反応を含める)

」することと、「あらゆる検索の完全な抑制」を行うことです。ミスコ氏とスタッフに関する調査結果は、ここでは実現できないものであり、私が知っているいかなる積極的な政策によっても考慮できません。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932027312480263/photo/1

あくまでもポリシーに従いたいツイッター社

「そもそもそのポリシーが微妙になってしまった」という声が聞こえてきそうですが、ポリシーに反しないことに対して、削除などの対応はできないという意見だったツイッター社。

ミスコ氏へのバッシングや憶測、意見などが多くなってきたことに、懸念していた青い勢力。しかし、世間は言いたいことをいうべきではないでしょうか。脅迫は別として、しっかりとした反対意見などは規制をかけるべきではないですよね。

しかし、青い勢力はなんとか、人々の声を小さくしたがっていました。

6. ツイッター社がアカウントを停止しなかったとしても、それは彼らが行動を起こさなかったという意味ではありません。シフ氏の事務所は、ウの国の「内部告発者」の身元やスティール文書など、他の問題に関するツイートが多かった「◯◯non(◯◯=QA)関連の活動」について繰り返し苦情を申し立てた。証拠画像1, 2, 3, 4

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932028784742400?s=20
ツイート6 証拠画像の内容
証拠画像1:ミスコ氏のウの国との怪しい関係つぶやく投稿

パット・リードこと@SwiftReadのツイート:

#上院議員は他にどんなことをしているのか? 2019年11月 「シフ議員のスタッフである#ショーンミスコはホワイトハウスで元C◯A(◯の中はI)漏洩者である#エリックシアラメラ氏と​​協力し、 #ブリスマが支援するシンクタンクと関係がある」 thegatewaypundit.com/2019/11/schiff…(ニュース記事リンク)

2020年10月13日午後1時58分に投稿

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932028784742400/photo/1

証拠画像2: シフ氏が隠蔽を企んだと主張するツイート

ランダル・カレドナイこと@RCaledonai のツイート:

「面白いことに、5人全員がヒラヒラ・栗きんとんが支払った偽文書に関与していた。エリック・シアラメラとショーン・ミスコの両スタッフを利用してシフが仕組んだ。B現お米の国リーダーによる実際のクアイド プロ クオを隠蔽するため

2020年10月20日午後3時38分に投稿

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932028784742400/photo/2

証拠画像3:ミスコ氏の裏の顔を暴露しているツイート

M.カナフアテこと@canahuateのツイート: @paulsperry_ 「元C◯Aのショーン・ミスコは、ジョー・バイデン副大統領の国家安全保障担当トップ補佐官ジェイク・サリバンを補佐していた。元NSC職員らは、ミスコはDT大統領の中でシアラメラ氏の最も近く、最も信頼できる同盟者だったと述べた」

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932028784742400/photo/3

証拠画像4:

マイアミJJこと@miamijj48のリプライ:

「フリン将軍をF◯I長官に!」

女神こと@TheGodd69623245の上記のツイートの引用RT:

「それは公平でしょうが、悪いリンゴが彼の妨害をしないように、まず最初に解散する必要があるよと思う。素晴らしいペトレアス将軍を思い出してください。 」

マイアミ JJこと@miamijj48のリプライ:

「フリンが彼らのクリプトナイトになって、家の掃除をしてくれるのではないかと思います。」

女神こと@TheGodd69623245の@miamijj48 へのリプライ:

「おそらく彼はそうするでしょうが、エリック・シアラメラやショーン・ミスコのような人々の本当の意図を常に知っているわけではないわ。」

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932028784742400/photo/4

拡散を抑制することで対応するツイッター社

削除はできないものの、なんとか拡散されないようにする処理には対応していたツイッター社。Thinkerの意見としては「せこい手だ」と思ってしまいます。個人的な意見を失礼します…。

7. 当時のツイッターポリシーは〇〇nonを削除しなかったが、そのようなアカウントを「非拡散」対応をした。上記のツイートを含む一連のツイートについて、ツイッター社幹部は次のように書いています。「フラグが立てられた多数のアカウントが既にこの非拡散化の対象に含まれていることを内部的に確認できています。」証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932031142133761?s=20
ツイート7 証拠画像の内容
証拠画像:拡散抑制していた証拠

差出人:黒塗り2020年10月28日午後2時17分

件名:Re: ツイート

宛先:黒塗り部分、 有害な活動の調整されたエスカレーション(部署)

本文:

皆さん、この件に戻ってください:私たちはフラグが立てられたアカウントとコンテンツを調査し、1人のユーザーに対して禁止回避の措置を講じましたが、残りのユーザーはこのポリシーでは削除できませんでした。

当社の協調的有害活動ポリシーに記載されているように、ツイッター上の 〇〇non に対する当社の現在のスタンスは、削除ベースのポリシーではありません。ツイッターで〇〇non関連のアクティビティにアクションをとると、非拡散が発生します。つまり、製品内のアカウントを積極的に推奨していないことを意味します(「群がって」いる場合は、コンテンツを削除しません。フラグが付けられたアカウントの多くが、この出現に既に含まれていることを内部的に確認できます。のアカウントから〇〇nonを複数のアカウントからプッシュする場合、またはフラグを立てたユーザーに該当するのに、それを回避している場合、害をもたらす活動に従事している場合は、アカウントを削除します。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932031142133761/photo/1

あくまでも、青い勢力の利益が重点の議員

「せめて拡散されないようにしてくれた」とは思わないのが青い勢力。「拡散されないということは、どこに反対意見の芽が根付いている分からなくなる」ことを心配しはじめていました。

8. しかし、シフ氏の事務所は「非拡散化」について懸念を抱いていた。それにより、法執行機関が問題のあるツイートを行ったユーザーを追跡することが困難になる可能性がある。

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932033746550784?s=20

非拡散対応をしても、ちゃんと追跡できるかを確認する青い勢力

9.「私たちはとても感謝しています。」 「私たちは、ツイッター社の執行チームによって実施された何らかの摘発措置が、ミスコ氏や他のH〇〇CI (米国下院情報常任特別委員会, 〇〇=PS)スタッフに関する潜在的な脅威をツイッターで検索する法執行機関の能力を妨げる可能性があるかどうかが気になっています。この件には、非常に感謝しています。」証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932035260784643?s=20
ツイート9 証拠画像の内容:
証拠画像:

問題のあるツイートを報告するためのエイリアス。ローレン氏は、潜在的に懸念のあるコンテンツにフラグを立てるためのエイリアスの作成について言及しました。 より迅速なレビュー/応答。ぜひそのようなご提案をお待ちしております。

懸念されるアカウントの追加精査。下記の2つのアカウントについて追加の精査をご検討いただければ幸いです。米国議会警察によるソーシャルメディアスキャンにより、ミスコ氏についてツイートするこれら2つのアカウントと、その後のミスコ氏を標的とした嫌がらせや脅迫との間に直接の相関関係があることが分かります。

  1. @GregRubini。このアカウントは先月で 20,000人のフォロワーが追加され、現在約163,000人のフォロワーがいます。公開レポートによると、これは有名で長い歴史を持つ〇〇nonアカウントです (ツイートリンク)。以前共有した情報で詳述したように、@GregRubiniのミスコ氏に関するツイートのパターンは、暴力の脅威につながる〇〇nonの陰謀についてF◯Iが2019年5月の情報速報で警告した危険なシナリオのタイプに正確に当てはまります。@GregRubiniは現在、2020年の米国大統領選挙とド●ニオンソフトウェアに関する重大な虚偽の主張をツイートしています (スレッドを参照: ツイートのリンク)。ミスコ氏に関するある年の重大な虚偽の主張と同様に、以前、選挙に関する@GregRubiniの虚偽の主張が YouTube動画に再度配信されました。(ツイッターリンク) また、@GregRubini は、「選挙を盗む」取り組みは、DT氏を排除するという以前の「ディープステート」の陰謀の継続であると主張している。具体的には、〇〇nonの群衆は、中央情報局(C◯A)が大統領選挙で集計し「票を盗む」ために使用されたソフトウェアの開発に役割を果たしたと(何の証拠もなしに)主張している…@GregRubiniによるツイッターのポリシー違反を繰り返すことを考慮すると、なぜツイッターがこのアカウントを停止する措置を講じなかったのかは不明である。
  2. @ポールスペリー。このアカウントには331,000人のフォロワーがいます。@paulsperryは過去1年間にミスコ氏について少なくとも47回ツイートしており、多くの場合数千件のツイートやリツイートが生成されており、その中にはツイッターユーザーがミスコ氏を反逆罪で「処刑」するよう求めるツイートも含まれている。ミスコ氏に関する@paulsperryのツイートも嫌がらせにつながった。ある時点で、@paulsperryはミスコ氏をストーキングし、米国上院議場でのミスコ氏の身体の動きについてツイートしているように見えました。@paulsperry のミスコ氏に関するツイートはすべて、@GregRubini が推進する〇〇nonの陰謀を繰り返し、拡大しています。最近では、@paulsperryも2020年の大統領選挙とド●ニオンソフトウェアに関する反証された陰謀をツイートしています (ツイートリンク) 議論したように、@paulsperry による度重なるツイッターのポリシー違反を考慮すると、なぜ ツイッター社がこのアカウントを削除したり、そのコンテンツに虚偽のラベルを付けたりしなかったのかは不明です。
  3. 減増幅についての質問です。私たちは、ツイッター社の執行チームによって実施された何らかの拡散防止策が、ミスコ氏や他のH〇〇CIスタッフに関する潜在的な脅威をツイッターで検索する法執行機関の能力を意図せず妨げる可能性があるかどうかに興味を持っています。この件には非常に感謝しています。

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932035260784643/photo/1

最後にタイビさんから

10. 詳しくはこちらをご覧ください:@ShellenbergerMD@BariWeiss@LHFang@DavidZweig@アレックスベレンソン、 その他。ツイッター社には編集に一切の関わりはありません。調査は第三者によって行われたため、文書が限定される可能性があります。

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 13, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1613932037831856128?s=20

まとめ

2020年当初、シフ氏は青い勢力として、ツイッター社へ都合の悪いツイートを削除、そして検閲するように働きかけをしていたのです。当初のツイッター社は、規約違反とならないものは削除ができないから、拡散抑制だけしますと、”断り”ながらも、結果的に〇〇non関係の多くのツイートが、削除される条件を満たすことになり、削除されました。拡散抑制をすることで、自分達の脅威となる勢力を追跡できなくなってしまうのではないかと心配すらしていた青い勢力。当時の情報規制の勢いはこのようにして、2022年暮れまで続くことになったのです。

 

2023年のTOP10予言 ver2.0!世界を変える大きなことが起きる!
2023年 世界の予言TOP10 by ジョセフ・ティテル
2024年世界予言 〜10月経済崩壊の兆候が出る [その2]
活性炭で解毒をした結果 奇跡が起こった話
7月19日の予言 by ジョセフ・ティテル 中の国、台の湾を攻めるのか

DSの崩壊?どうなる世界のエリートたち!
迫りくる危機!知らなかったじゃすまされない
サイキックで見るトランプ、バイデン、アサンジ!【ジョセフ・ティテル予言】
何百年前から伝わる透視法で世界の予言!【ジョセフ・ティテルさんの予言】
あの大きな予言、再び的中… 内乱は起きるのか【ジョセフ・ティテル予言】

コメント

タイトルとURLをコピーしました