ツイッターファイル第13章- 03 連邦捜査局の思惑

Twitterファイル

こんにちは!Thinkerです!

まず初めに、前回を振り返りたいと思います。

ツイッター社の幹部らは、GECが会議に参加することや、

モデレーション(検閲作業)に参加することを拒んでいた…

前回のあらすじ

  • ロス氏が投げかけた正論もボツに
  • 社内の情報管理を試みるツイッター社
  • 対中という状況下だったあの時
    • 国土安全保障省からの約25万のリスト
  • モデレーションに参加したいGEC
  • ツイッター社、お馴染みの三角関係
    • 意見の不一致発生
  • 連邦捜査局の打診にツイッター社は尻込み
  • 主要SNS企業が反対!

◀︎前回のエピソードへ

パート2の終わりで、ロス氏は、

GECがいずれ介入することは予期しているようでしたね。

他の幹部らに「我々がGECとの関係構築に投資していることは知っています。

ロス氏は、ツイッター社幹部ステイシア・カーディル氏(元連邦検事)などに

フィードバックを求めていましたね。

さらに、ロス氏はGECが介入するリスクを含め、もっと情報収集をしたいと声をかけていました。

今回は、その続きのお話になります。

政治的コード

17. より深い理由は、ロス氏が言ったように「非政治的」な国土安全保障省や連邦捜査局とは異なり、GECは「政治的」であるという認識であり、ツイッター風に言えば党派的なコードのように見えた。「彼らは連邦捜査局がそれほどDT氏的ではないと考えていたのだと思います」と、ある元国防総省職員は語る。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394244388388864?s=20

つまり、ツイッター社の幹部らは、

この一連の動き、そしてGECが”左派“の動きであることを察知したみたいです。

ツイート17番目 証拠画像の内容
証拠画像

ヨエル・ロス氏のメールの内容:

送信日:2020年5月6日午後7時39分

件名:Re: [要求されたアクション] 読み出し状態/GEC

宛先: 〇〇、パトリック・コンロン 他8件

本文:皆さんありがとう。今日はメールのキャッチアップをします。 3つのハイレベルの考え方:

1) これらの問題に対するGECの猛攻は、少なくとも部分的には、私たちが国土安全保障省、連邦捜査局、国家情報長官室などと行ってきた会話に自分たちも参加しようとする試みです。

フェイスブックによると、彼らはこれらの会話への参加を明から様に要求したといいます。言うまでもなく、国の主張は重要なので、無視したくないものです。

しかし、私は、これらの分野で専門知識と権限を持つ組織と長年にわたって構築してきた非常に信頼され価値のある関係と、時にこれらの問題に取り組む可能性のある米国政府の他の機関との関係を維持し続けたいと考えています。(時には他のものよりも政治的な方法で)。

2) ここでは政治的な角度が非常に重要です。サイトインテグリティーと国土安全保障省/連邦捜査局などとの関わりは、まさに彼らが (おおむね)政治に無関心であるからこそ、実を結んでいます。GECには、特定のイデオロギー的課題を積極的に推進してきた実績があります (例: イランとの取り組み)。私たちはこの区別を見失ってはなりません。

3) ここでのGECの立場については懸念がありますが、私は公共政策が米国政府との関わりの戦略的推進力であると考えており、私自身と残りのSIチームはその戦略を特定の主題の専門知識でサポートしています。誰かに会いたいと言われたら、会いに行きます。自分の力を責任を持って使ってください。

🙂 ヨエル

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394244388388864/photo/1

“政治に無関心である”

ロス氏のこのワードですが、

この時はまだ、政治的な介入は回避しようとしていたツイッター社だったのでしょう。

ツイッターファイル第3章を思い出してください。

3章ではアスペンインスティチュートという演習に参加をしなければならなかったり、連邦捜査エージェントや国土安全保障省と毎週のように会議に参加させられ、「ファックマイライフ」と愚痴っていたロス氏がいましたね。

態度で示すツイッター社

18.「ロの国関連」アカウントへの「行動」を求める民主党の要請に何年も対応した後、ツイッターは突然厳しい態度をとった。なぜ?なぜなら、ロス氏が言うように、「特に選挙が激化するにつれて」GECを導入することは「大きなリスク」をもたらすことになるからだ。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394247668137987?s=20

そう、ここで政府と同じ立ち位置にいたら、選挙が近づくにつれ、

バイアスが生まれ、そのリスクに一緒に足を引っ張られると思ったのか、

急に正しいことをしたいと思ったのか。

ロス氏は、次のようにメールをしていました。

ツイート18番目 証拠画像リンクの内容
証拠画像

ヨエル・ロス氏のメール

2020年6月9日火曜 午後3時57分

本文:

特権および機密情報

こんにちはチーム、フェイスブックの〇〇から受け取ったばかりのニュースを共有したいと思います。連邦捜査局の中にいる私たちのパートナーは、今週の業界/政府の選挙セキュリティ会議に国務省GECの代表を追加する決定を下しました。

フェイスブックは (過去の議論を基に) 反発しましたが、今後はGECがこれらの会議に参加することをはっきりと擁護するつもりであることを示した。

・ 〇〇、〇〇(グーグル) と私も意見が一致していますが、GECがこれらの会議に出席することには、次のような理由から問題があると考えています。

・アメリカの利益を促進するためのオフェンス10に対するGECの使命

・不安定な方法論に基づくレポート/分析の共有において、GECのシニアリーダーの裁量と慎重さが相対的に欠如している

・業界との協力で成功した実績が限られている。

特に今後数カ月で選挙が激化する中、これまで安定しており(比較的)信頼されていた実務家や元弁護士のグループにGECのような組織を導入することは、選挙の安全確保への取り組みにとって極めて重要なルートを損なう可能性がある。

Stacia: 私たちが、GECとの関係構築に投資していることは分かっています。今までのやりとりに基づいて、心に留めておくべきフィードバックはありますか?

〇〇:局の連絡先からこの情報がどこから来ているかについて、さらに情報を得ることができるかどうかを確認することは可能ですか?

ありがとう、

ヨエル

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394247668137987/photo/1

ロス氏は、

GECを会議に参加させることで大きくバイアスがかかる恐れがあることは、

把握していたようです。

連邦捜査官を頼るツイッター社

とうとうフェイスブックが、GECを受れてしまったことにより、 

自分達の主張を守りたいツイッター社。

そこで、彼らは、外国影響力対策特別委員会ではなく、

あの連邦捜査官を頼りにすることに…

19. 幹部である弁護士ステイシア・カーディルがGECの連邦捜査局への参加に反対しようとしたとき、その言葉は「ローラではなくエルヴィスに」、つまり外国影響力対策特別委員会(F◯TF)部門長ローラ・デムロウではなく、エルヴィス・チャン捜査官に響いた。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394250331521024?s=20
ツイート19番目 証拠画像の内容
証拠画像

ステイシア・カーディル氏のメール

2020年6月10日午後1時42分

Re: 特権と機密 GECが対応

本文:

今後のSunlightの開示に関して連邦捜査局と話をしたところです。私たちの会話は、今後の Sunlightブログに含まれる情報から逸脱するものではありませんでした。

連邦捜査局は本日の月例政府・業界協議で、今後GECも含めて引き上げる予定であると述べた。私は彼らに、GECを追加することに抵抗があると既に話していました。私はこれまでに直面した問題について話し合い、GEC/州は米国外に焦点を当てていること、米国の選挙については個別に対処すべきであることも提起しました。それはローラではなくエルヴィスの心に響いたのです。 州政府はまた、グーグルによる中の国のAPTターゲットキャンペーンの開示により、他の米国政府機関からの援助を受ける可能性があると警告しました。私たちはただそらして、これらの問題について連邦捜査局と緊密に協力していると言うべきです。

ありがとう、

ステイシア

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394250331521024/photo/1

フェイスブックに掛け合う連邦捜査局

あっさりと、GECを受け入れてしまったフェイスブック。しかし、連邦捜査局は妥協案を提案し、フェイスブックに交渉しました。

20. 最終的に、連邦捜査局はまずフェイスブックに対し、他の米国政府機関も”業界”の呼びかけに参加できるが、連邦捜査局と国土安全保障省が唯一の「パイプ役」として機能するという妥協案を提案した。証拠画像(ツイート19番目と同じ)

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394258342649859?s=20

フェイスブックからの注意発起

21. ロス氏はチャン氏に、GECを受け入れるということは「メディアをハッピーにさせておく」という懸念を伝え、彼らが「信頼の輪」を小さく保つことができるとの期待をした。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394260972490754?s=20
ツイート21番目 証拠画像の内容
証拠画像

件名:Re: 業界コミュニケーションチャネル – 検討の提案

宛先: ヨエル・ロス、Cc: 〇〇

ヨエルへ~

気をつけてください。私たちは昨日、連邦捜査局と会い、エルヴィスがこのことについて尋ねてきました。彼らは、当社の業界専用チャンネルとは別に、米国政府/業界チャンネルを持ちたいと考えています。エルヴィスは、米国慰問いもん協会に出入りするパイプとなり、彼らが私たちに伝えたい情報はすべてそこを経由して届くようにすることを提案しました。

典型的なエルヴィスのやり方で、彼は業界のためにそれを承認するように私に求めましたが、私は、それは私たち全員で話し合う必要があると言いました。 エルヴィスはこの件についてあなたと連絡を取っていると言っていました。

〇〇

フェイスブック

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394260972490754/photo/1

ツイッター社の要望に応えていそうで、

裏でとんでもないことを企んでいることがわかったエルヴィス・チャン氏。

連邦捜査局の思惑

22.「国…国家安全保障局、中央情報局」チャンはそれが「一方向」チャンネルになるだろうと安心させ、「国/GEC、国家安全保障局、中央情報局はリッスンモードのみでの使用を許可することに関心を示している。」

証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394263551971332?s=20
ツイート22番 証拠画像の内容
証拠画像

送信日:2020年9月17日午前10時43分

送信者:エルヴィス・チャン(連邦捜査局サンフランシスコ)

件名:Re: 選挙コミュニケーションプラットフォーム

宛先: ヨエル・ロス CC: ヨエル、

ヨエルへ

この件に関する皆様のご尽力に感謝いたします。あなたのおかげで私の生活は楽になりました。明日、この件について話し合うために 公認情報システム監査人CISAと電話する予定です。今後の話の大部分は、米国政府がどのようにプラグインできるかということに集中すると思います。電話ができたら、フォローアップさせていただきます。 いくつか質問が出てくると思いますので、あなたや他の業界パートナーがそれについて考え始めることができるように、今すぐ取り上げたいと思います。

  1. どの米国政府機関がチャンネルで許可されますか? 簡単なのは連邦捜査局、国土安全保障省/公認情報システム監査、アメリカ合衆国国家情報長官になると思います。参考までに、国/GEC、国家安全保障局N●A中央情報局C◯Aはリッスンモードのみでのオンを許可することに関心を示しています。これについてのご意見を歓迎します。
  2. 何人の米国政府参加者がチャンネルへの参加を許可されますか? 業界がすでに知っている人だけになるのでしょうか? 私が尋ねたのは連邦捜査局サンフランシスココマンドセンターでは、私がいないときは他の3人の監督官が交代で勤務しているためです。また、さまざまな外国影響力対策特別委員会F◯FTが 連邦捜査局本部の指揮を交代で務めることも知っています。
  3. チャネルはいつ、どのくらいの期間アクティブ化されますか?

さまざまな組織がさまざまな期間に強化された態勢をとることになるようです。これについてのご意見は、チャンネルに人員を配置するのに十分な人員を確保するのに助かります。

よろしくお願いします。

エルヴィス・M・チャン

国家安全保障局 連邦捜査

サンフランシスコ監視特別捜査班 CY-1

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394263551971332/photo/1

おへそ役になる提案

結局は、連邦捜査官。

エルヴィス・チャン氏は「我々が米国政府とのおへそになりましょうか?」とツイッター社に提案。

「Belly Button=おへそ」つまり、窓口、情報源、つながる場所という意味があります。

23.「BELLY BUTTON」「私たちは連邦捜査局と米国インター ネット協議会USICの機関から得た情報をすべて提供できます」とチャン氏は説明したが、国土安全保障省の公認情報システム監査人CISAは「各州で何が起こっているかを知っているだろう」と説明した。同氏は続けて、産業界は「連邦捜査局が米国政府のヘソになることを信頼」できるかどうかを尋ねた。証拠画像

— Matt Taibbi (@mtaibbi) January 3, 2023

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394266999881729?s=20
ツイート23番目 証拠画像の内容
証拠画像

エルヴィス・チャン氏のメール:

こんにちは、ヨエル、ご返信ありがとうございます。それらに関して追加の質問があります。金曜日に業界がこの件について会合を開くことになっていますが、その時までは何も説明できないかもしれません。あなたのスケジュールに応じて、予定されたミーティング中、もしくはミーティング後に話し合いを行うことができます。

  1. 米国政府から業界への一方向(聴くだけ)のコミュニケーションのみである場合、少なくとも連邦捜査局と公認情報システム監査人であるべきでしょう。 連邦捜査局と米国インターネット協議会機関から得た情報をすべてお届けします。 公認情報システム監査人国土安全保障情報ネットワークHSINを通じて各州で何が起こっているかを把握することになる。 しかし、業界パートナーは連邦捜査局や公認情報システム監査人とどのようにやりとりをしていくのでしょうか? 連邦捜査局の場合、我々がすでに使っているされているチャンネルを使用しますか? たとえば、私にあなたか、〇〇が直接電子メールを送信するかなどです。 そうだとしたならば、連邦捜査局に都合がいいでしょうが、公認情報システム監査人とどのようなコミュニケーションチャンネルがあるのか​​知りません。もしくは、業界パートナーは 連邦捜査局が米国政府のへそになってくれた方が良いでしょうか? 私たちはそれも可能です。業界団体の好みを知る必要があるだけです。
  2. いいですね。おそらく、連邦捜査局サンフランシスコ用と連邦捜査局本部用に1つの信号チャンネルのみを確立する予定です。外国影響力対策特別委員会のユニット責任者もこのチャンネルに参加したいと考えているかもしれません。私は企業に指揮所シフト名簿を提供しますので、特定の日のシフトに誰がいるかがわかります。
  3. フェイスブックは、第1回大統領討論会の前にシグナルチャンネルをアクティブにすることに言及しており、それは我々にとっては都合がいいですが、人員レベルは、連邦捜査局本部では10月28日まで、連邦捜査局サンフランシスコでは10月30日までは強化でしょう。私たちは1月まで強化された態勢を継続するとは思えないので、おそらく選挙が認定された後、11月のどこかで標準的なチャネルに戻ると思います。

よろしくお願いします

エルヴィス

https://twitter.com/mtaibbi/status/1610394266999881729/photo/1

今回は以上になります!

いかがだったでしょうか?続きは、パート4でお届けします。

連邦捜査官のチャン氏が上手く心理作戦で連邦政府のレールにSNS企業を乗せていく様が垣間見れますね。

さて、これから彼の罠がどのようにツイッター社に浸透してくのか。

そして、ツイッター社はどのような決断をするのか。

DSの崩壊?どうなる世界のエリートたち!
迫りくる危機!知らなかったじゃすまされない
サイキックで見るトランプ、バイデン、アサンジ!【ジョセフ・ティテル予言】
何百年前から伝わる透視法で世界の予言!【ジョセフ・ティテルさんの予言】
あの大きな予言、再び的中… 内乱は起きるのか【ジョセフ・ティテル予言】

コメント

タイトルとURLをコピーしました