【エネルギー 津波警報】2022年 最後の逆行期間の予言![後編]

予言

皆さんいかがお過ごしでしょうか? 私は徐々に回復してきております!さて、ジョセフ・ティテルさんが12月19日に配信をしていた『Tsunami Wave IS COMING retrograde predictions』の後編をお届けしていきますね!大変長らくお待たせをして、申し訳ございませんでした!これ以上お待たせするわけにはいかないので、早速本題へGO!

前回のお話

前回のお話では主に下記の内容でしたね

前編の内容

・1月についての予言
・密告者の予言
・イーロン・マスクに関しての予言
・エドワード・スノーデンに関する予言
・もう一人の密告者、または内部告発者
・ジェフリー・エプスタイン事件に更なる展開がある予言
・エネルギーサイクルが巻き起こす精神的影響
・極寒の冬の予言再び
・まだ、予言が実現していない“冬”
・アメリカ、カナダ、ヨーロッパではクリスマスに冷え込む 

前編をまだ読んでいない方はココをクリックしてね!

私がこの記事を書いているのが12月26日になるのですが、私が体調を崩している間に極寒の冬の予言が次々に的中していましたね。現実になってほしくなかった予言でした…。皆さん、ご無事でしたでしょうか?まだまだ冬は始まったばかりなので、備えて乗り切りましょう!←(って言ってる自分が風邪を引いてしまっている)それでは気を取り直して、後編の内容に移りたいと思います!

 

更なる極寒予言

世界的に2022年が終わるまでにまだまだ厳しい寒さが続くことによる不幸が続くとジョセフさんはおっしゃいます。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

北極で暮らすことが、どのようなものかを体験させられるかのような極寒が世界を襲います。4つの大きな嵐がやってきます。3つはアメリカに上陸し、そのうちの一つはその大きさから全ての州に被害をもたらすでしょう。もう一つの嵐は、その大きさからヨーロッパを覆うほどでしょう。

Thinker
Thinker

上記の嵐はすぐにやってくると12月19日の時点でおっしゃっていましたので、クリスマスの日に上陸した豪雪嵐がその一つな気もしますね。

来年1月、2月にかけて大きな嵐に見舞われるとお話ししていましたが、この時場所などはおっしゃっていませんでした。しかし、今年のクリスマスは間違いなく多くの場所でホワイトクリスマスになると話していました。

 

天変地異の予言

1月6日から1月22日にかけて、今までで一番と言っていいほどお天気(地震なども含む)が荒れるとおっしゃいます。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

今日スピリットが見せてくれたビジョンとしては、火山が何の前触れもなく急に噴火するといったものでした。確か先月同じような予言がありましたが、その時は1つ山が噴火しましたね

2023年は噴火や地震が相次ぐとおっしゃっていたのですが、その時に【日本】が頭に浮かんできたそうです。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

日本の皆さんには忠告しなければなりません。大きな噴火が起こりそうです。1月6日から1月22日のエネルギーシフトの最中に起こるのかもしれません。

 

年が明ける前に予想されること

ジョセフさんの予言では、2022年が明ける2、3日前に噴火や地震が起こる可能性もあるとおっしゃいます。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

29日というのは数秘学でいうと、11波動を持つため、大きなことが起こりやすい日にちとなります。これは12月に限ったことではありませんが、今年の場合は6の波動の年で、7の波動に移行しようとする直前というタイミングでもあります。

カリフォルニアがクリスマスに揺れる予言

この予言に関しては次回詳しくやりますとジョセフさんは19日の時点でおっしゃっており、その後すぐに動画が配信されたので、私の方でも追ってお送りさせていただきます。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

クリスマスの週末にはカリフォルニアが揺れるでしょう。しかし、新年の方がもっと激しく揺れるかもしれません。

Thinker
Thinker

2022年12月21日にはカリフォルニアでM6.4の地震がありましたね。ちょうどジョセフさんの動画配信の2日後でしたが、クリスマスには地震が起きていなかったので、このことだったのでしょうか…。

ジョセフさんがおっしゃるには新年により大きな地震が起きるとおっしゃっているので、次回の配信を待ちつつ用心した方がよさそうですね。

 

ハワイに関する予言

先月ジョセフさんがハワイの噴火を的中させたことは記憶に新しいですが、今回もまだ予言があるそうです。

Sprits
Sprits

あと2つ噴火があるでしょう。島のいくつかの箇所が激しく揺れます。

ジョセフさんが見たビジョンでも島のいくつかの箇所が激しく揺れているのが見えたと言います。

 

津波ついての予言

前々からジョセフさんが噴火や地震を示唆している場所といえばアラスカ。今回アラスカの近くで津波による土砂崩れ(崖崩れ?)が起きるといいます。ただ、幸いにも人が住んでいない場所で起こるらしいのですが、どうなるか注視していきたいですね。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

もう一つがインドネシア。インドネシアの近くか国内で、再び津波に見舞われてしまいそうです。

南半球で激しい豪雨

こちらの予言も過去に予言していたことでもありますが、今回も南半球にて記録的な豪雨による洪水が起こると予言しています。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

ブラジルやオーストラリア、ニュージーランドでは豪雨により、記録的な洪水が発生するでしょう。

見えなかったことが見えるようになる予言

次のエネルギーシフトのエネルギーは私たちを浄化する作用があります。いろいろなことが巻き起こることによって、洗われる私たちですが、ジョセフさんは次のようにおっしゃいます。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

いままで見えなかったこと、見えなかった視点から物事が見えるようになるでしょう。それは2020年の大統領選挙、流行病の事象など様々なことで、覚醒した人が増えましたね。そう言ったことがまた起こるのです。

ジョセフさんがおっしゃるには黙示録がとうとう現実に起きる可能性が高まってきたので、私たちの直感も感情も、本当に世界で起きている真実を感じることができる人が増えているのかもしれません。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

この動きと、エネルギーの流れからして、これからリーダー格の人、上司、組織の長、政府などに楯突く人が増えるので、クビになってしまう人が増えます。中には企業やメディア会社のCEOらもそのような状況になりかねません。デ◯ズニーやCNNがいい例となるでしょう。

 

ジョセフさん曰く、この予言は1月頃に見えてくるといいます。また、1月になると辞職する人々や昇給を求める人が多くなることや働く人への配慮の改革(恐らく福利厚生や会社の制度の向上など)を求める人が増えると予言していました。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

自ら会社を退く人、辞任などはストライキとは違いますね。ストライキは労働組合などが関わってきますが、大勢のグループが一気に辞職をするということが起こるということです。ファストフード界などでは”Golden Arches”がそれにあたるかもしれません。社員や労働者たちが集まって、”もう、やってられない”という形で一気に辞職するというような状況でしょう。変化を起こすにはそうしたことも必要なのです。私たちは自分達のために行動を起こさなければならないのです。

水星逆行を逆手に取る開運法

水星逆行期間本番を迎えることはネガティブなことだけではないとジョセフさんは繰り返します。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

今年は6の波動の年でした。6の波動の年は全てを細かく分析しすぎる傾向にある年だったので、2023年を良い年にするには、今この瞬間今までのわだかまりをしっかり解き解いては浄化する必要がある。12月の9の波動の力で、しっかりと精算し、終止符を打ってから新年を迎えましょう。

今回の水星逆行期間は山羊座の影響下の中で発生するので、山羊座の方は揺さぶられすぎずに気をつけましょう。そして、乙女座と双子座は水星逆行期間には最も影響されやすいのでしっかりとわだかまりを清算できるように努める必要があると言います。いつもジョセフさんは、全てには陰陽があるとおっしゃっています。

 

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

水星逆行時にやってはいけないことを覚えていますでしょうか?それは契約をしたり、サインをして約束事をしたり、新しく何かを始めたりすること、そしてコミュニケーションに気をつけることです。特に逆行本番の29日からは無闇にテキストメッセージなどを交わすことはやめましょう。やたらと拗れてしまったりします。やった方がいいことは、今まで続けてきたことを一生懸命やるということ。それか綺麗にやり遂げることです。それと、いらない物の寄付や整理が必要とのことです。

ジョセフさんがおっしゃるには、水星逆行の本番である12月29日(前後)はコミュニケーションに障害が出ることがあると言います。停電やネット回線の不都合などが起こる場合があるそうです。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

スピリットから助言を経て2012年からこうした逆行などのサイクルについてみなさんにシェアをしていますが、スピリットが言っていたこととしては、サイクルは毎回毎回強力になっていくということでした。以来10年を見てきても大きな出来事は必ずと言っていいほど、逆行の期間中に起きます。ミスコミュニケーションにより、イクサを起きかねない状況です。

 

ジョセフさんが過去に予言をしていたことが現実になってしまっていることとしては2週間ほど前から中の国とインドがまた交戦していることです。この動きは年末年始にかけて度を増していくでしょうとジョセフさんは予言をしています。

ジョセフ・ティテル氏
ジョセフ・ティテル氏

ミスコニュニケーションにより、イクサが始まってしまう可能性はあります。物事に終止符が打たれることもあります。しかし、あなた個人は違いますね。あなたは自分の意志で自分の人生をコントローすることが可能なのです。

今回の動画

 

 

DSの崩壊?どうなる世界のエリートたち!
迫りくる危機!知らなかったじゃすまされない
サイキックで見るトランプ、バイデン、アサンジ!【ジョセフ・ティテル予言】
何百年前から伝わる透視法で世界の予言!【ジョセフ・ティテルさんの予言】
あの大きな予言、再び的中… 内乱は起きるのか【ジョセフ・ティテル予言】

コメント

タイトルとURLをコピーしました